名前のない家事

【消耗品補充】名前のない家事:シャンプー・コンディショナー・ボディソープは永遠に湧き出てこない

名前のない家事」としてこれも話題にしたいですね。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは永遠に湧き出てくると思ってない?

基本的には日々、途切れないようにキチンと補充している奥さんのたゆまぬ努力のせいで旦那さんが気づかないアレです。

もう、争いの種にならないように「シャンプー・コンディショナー・リンス・ボディソープ」などの消耗品補充は出来得る限り男性側がやっとけ、平和が続くから。

って思います。

要約ポイント

  • 結論:シャンプー・コンディショナー・ボディソープなどの消耗品補充は旦那さんが気づいてコッソリやっておくとポイントUPです、という話です
  • やったほうがいい理由は「奥さんをイラっとさせる機会をひとつでも削る」ほうが平和だからです
  • 消耗品補充の感覚に慣れると家のなかのいろいろなものに敏感になってきます。掃除用具もCHECKしましょう。

お風呂の消耗品補充

お風呂の消耗品補充

お風呂の消耗品補充

お風呂に入っていて、いざ使う場面になってから気づくのが「シャンプー・コンディショナー・リンス・ボディソープ」などの補充。

使う場面で気づいたらその時はすでに全裸なんですよね。

お風呂に入って体を洗おうといちどお湯で身体が濡れている状態で、ドレッサーに戻り、「シャンプー・コンディショナー・リンス・ボディソープ」の詰め替えを探す、

というのはとてもつらいことなんです。

女性にとってはイライラの素

男性はあまり寛容かもしれませんが、女性にはお風呂でリラックスモードがONだったのに出鼻をくじかれる状態なので、これは奥様側が気づく前に出来得る限りやったほうがいいでしょう。

普段家事を分担すると言っているにもかかわらず、ほぼ全般を担っている奥さんがリラックスしてお風呂に入ろうとしたその時!

消耗品が切れていると・・・

お風呂にまで家事は追いかけてくるんかい!

っていう怒りがムダに燃えてしまいます。

ムダな薪はそもそも作らないに限ります。

シャンプー・コンディショナー・リンス・ボディソープ」の詰め替え作業は出来得る限り男性側がチェックして途切れないようにしておきましょう。

 

イラつきポイントをひとつでも削れ

やったほうがいい理由は「奥さんをイラっとさせる機会をひとつでも削る」ほうが平和だからです。

女性が怒りで感情バクハツするのは、積立なんですよね。

いわば細かいイライラの蓄積です。

男性はその感覚が理解しづらいんですよね。

気になったらその時その場所で今まで言ったことと逆でも感覚で感情がバクハツしがちなんです。

個人差はありますが。

となると、夫婦生活をできるだけ円滑に、平和を維持したいと考えているのなら、消耗品の補充くらいは手のあいたときにきづけるようにしておきましょう。

詰め替えがどこにあるかどうかわからないなら「やるから教えて」と聞いておきましょう。

そのくらい小学生でもできますよ。

次のステップとして

さてさて。「シャンプー・コンディショナー・リンス・ボディソープ」などの消耗品補充の感覚に慣れると、次は家のなかのいろいろなものの消耗品に敏感になることができます。

「女性が評価する【いい旦那】さん」に近づくためには、お風呂の掃除用具もCHECKしましょう。

バスクリンやカビキラーなどお掃除系用品にも消耗品はけっこうあります。

水回りはいろいろな清掃用品があるんですよね。

まとめ

  • 結論:シャンプー・コンディショナー・ボディソープなどの消耗品補充は旦那さんが気づいてコッソリやっておくとポイントUPです、という話です
  • やったほうがいい理由は「奥さんをイラっとさせる機会をひとつでも削る」ほうが平和だからです
  • 消耗品補充の感覚に慣れると家のなかのいろいろなものに敏感になってきます。掃除用具もCHECKしましょう。

今回の記事は「名前のない家事」シリーズのわかりやすいもの「【消耗品補充】名前のない家事:シャンプー・コンディショナー・ボディソープは永遠に湧き出てこない」でした。

ぜひ、ほかの「名前のない家事」シリーズもチェックして、家庭のなかの立場を向上させましょう。

お子さんがいるなら素晴らしいパパに見えてきますよ。

女性からの評価は今日やったひとカケラから始まります。行動を変えていきましょう。

自分の旦那・ママ友にシェア↓

-名前のない家事

Copyright© 親クリック , 2020 All Rights Reserved.